はじめての車庫証明(軽自動車の場合)

引っ越しをしたとき、いろいろな手続きをしました。

引っ越す前は「住所変更するもの、いっぱいあるなー大変そうやなー」と思っていました。

でも実際やってみると、一番大変なのは車庫証明でした(笑)

わたしは軽自動車ですが、”軽自動車も車庫証明をしなければいけない地域”に住んでいるのでやりました。

やらなくていいところもあるみたいです。

手続きにも地域差はあるかもしれませんが、今後の自分のためにも記録しておこうと思います。

30代、はじめての車庫証明

人生で2回しか引っ越したことがないわたし。

前回の引っ越しのときは、引っ越したあとに車を買ったので、車屋さんが車庫証明も全部やってくれました。

でも代行料金18,000円くらい払ってるんですよね。

引っ越しで、貯金がグン!と減ったので、なるべく出費は抑えたい。

なんとか自分でやろうと、車庫証明について調べました。

車庫証明には、いろんな書類が要る

調べてみると、軽自動車の車庫証明には、

  • 申請書
  • 届出書
  • 保管場所の所在図、配置図
  • 保管場所が使用できることが分かる書類

などが必要でした。

最初の2つ、申請書と届出書は警察署でもらうか自分でホームページから印刷できます。

でも、所在図とか配置図はどう書けばいいの?保管場所が分かる書類ってなに?

調べても調べても、そこらへんがよく分かりませんでした。

そんなとき、不動産会社がその2つの書類を代わりに発行してくれることが判明!

料金は3,000円台!

これくらいはしょうがないか、ということでお願いしました。

軽自動車の場合、車庫証明の前に車検証の住所変更

普通車の場合は、車庫証明のあとに車検証の住所変更をするらしいんですが。

軽自動車の場合は逆で、車検証の住所変更をしてから車庫証明の手続きをします。

車検証の住所変更は、軽自動車検査協会というところでやります。

これも大変だったー…。

車検証を見ながら車台番号とか型式とか書くんですが、見慣れない言葉とか書き慣れない文字ばかりで。

それなのに、2枚も似たような紙を書かなければいけなくて。

最後の最後に書き間違えたヨ…。

案内板も多いし、受付の人も丁寧に教えてくれるけど、終わったときには頭ボーーー。

すっごく疲れました(笑)

車庫証明は警察署でやる

車庫証明が大変だった、もうひとつの理由。

それは、警察署。

警察署って行ったことありますか?わたしは、ありません。

行かねばならんトラブルが起きてないということかな。有り難い。

免許の更新も、免許センターでやってたし。

テレ朝のドラマを見過ぎてるせいか、警察署の中には捜査一課の刑事がいっぱいいて、少しでも不審な動きをしたら睨まれて、職質されて、取調室に……みたいな妄想をしてしまうんです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相棒シリーズ X DAY [ 田中圭 ]
価格:3989円(税込、送料無料) (2020/10/30時点)

↑こんな目つきで見られたら…。

だから警察署って、こわいイメージしかなくて。

なのでまず安心するために、グーグルマップで最寄りの警察署を見てみることにしました。

口コミに中の様子も書かれてるかもしれないし!

で、見てみたら……

入口の自動ドアが真っ黒で中が見えない。

やっぱり、こわ~~~~

口コミも怖いこと書いてある!☆1じゃないか!

余計に緊張してしまいました。見るんじゃなかった。

でも車庫証明は、引っ越し後15日以内にしないといけない。もう時間がない。

「笑顔でハキハキ喋って、分からんところは素直に聞いて、お礼はちゃんとしよう!そうすれば、睨まれんやろ!」

そう言い聞かせて、警察署へ行きました。

車庫証明、当日

実際に警察署へ行っても、自動ドアは真っ黒で中の様子が見えません。

しばらく車の中で待機(笑)

けど、わたしの想像と違って、たくさんの人が出入りするんですよね。もちろん刑事じゃない人たちが。

なので、あるおばさまの後を追っかけて中に入りました。

意外と普通でした。入って正面に、市役所みたいな郵便局みたいな受付。

よく見る受付にひと安心。

でも車庫証明コーナーへ行くと、スーツを着たベテラン刑事(に見えてしまうおじさん)登場。

おそるおそる声をかけると、「おっ、車庫証明ね!はいはい!車検証は持ってる?」

元気な優しいおじさんでした!

「ここにこれを書いて、ここに名前と住所。ここは書かんでええから」

すごく丁寧に教えてくれました。体の震えが止まりました。(緊張しすぎ)

  • 申請書、届出書をもらって記入
  • 標章交付代500円を払う
  • 所在図、配置図と合わせて提出

手続きは、これだけでした。

「明日の夕方には車庫証明出てるから、またここに取りに来てね!」

「はい、ありがとうございました!」

つられて、わたしも元気になっていました。

2,3日後、また警察署へ

警察署の受付時間は平日の日中。

仕事があったので、車庫証明を取りに行ったのは書類を出した2,3日後でした。

「○○です、軽自動車の車庫証明もらいに来ました」

そういうと、よく見るステッカーを渡されました。

(正式名称:保管場所標章)

これを車の後ろのほうに貼って、おしまいです!

車庫証明、これからは自分でできるぞ(*‘∀‘)

4,000円弱かかりましたが、いろんな人に助けてもらいながら、なんとか車庫証明を無事に終わらせることができました!

警察署も、もう怖くありません。あまり行きたくないけど…(笑)

次からは、迷わずに車庫証明手続きできそうです♪

車庫証明より、車検証の住所変更のほうが嫌だな…。あれはまだ難しい(*_*)

ちなみに引っ越す前に心配していた住所変更は、9割ネットで済ませることができました!

携帯会社とかクレジットカードとか保険とか銀行とかは、全部ネット。

転居届と車の免許だけかな?住所変更で外出したのは。

いつの間にか、そんな時代になってたんですね。

車検証の住所変更も、もっと簡単にならないかなぁー。

ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫好きへ

↓読者登録はこちらから↓
N子のまいにち。 - にほんブログ村

引っ越し暮らし
N子のまいにち。