”損しないように”気を付けすぎて、恥ずかしかったこと

スポンサーリンク

仕事でコインパーキングを利用しました。

そのコインパーキングは半日とめると5,000円超えちゃうくらい料金が高め。でも”とめにくい奥のほうだけは24時間1,000円!”なコインパーキング。

去年もそのコインパーキングを利用し1,000円のところにとめたので、今年もそのつもりでした。

「安いとこ空いてますように!」って願いながら行ってみると、一番とめにくいところが空いていました。「よかった!ラッキー!」と思って、何度も切り返しながらとめました。

そのあと数台の車がコインパーキングに入ってきたので、「あぶなかった、先とめられてよかった」と思っていました。

ところが。

スポンサーリンク

得したつもりが、ダサいだけだった

仕事が終わって帰るときに、他の従業員にいくらだったか聞いてみると「800円」って返ってきたんです。

「えっ!?」と思って料金表を見ると「値下げしました!夜間800円!」の文字。(夜勤をしています)

もちろん、わたしも800円でした。

めちゃくちゃとめにくいところに頑張ってとめたのに、みんなと同じ料金。

めちゃくちゃダサい(笑)

そして恥ずかしい。必死に料金を抑えようとして頑張って駐車していたところも、他の従業員に見られていたわけだから。

そもそも実際は得でも損でもない

そんだけ料金を気にしていたけど、実は駐車場代は会社持ちです。1回自分で払うことにはなるけど、申請すればお給料と一緒に返ってきます。

それなのに必死に安く済ませようとしていたわたし。なんなんだ。

仮に駐車場代が4,000円かかったとしても、それで生活がカツカツになるわけでもないのに。

駐車場代を気にせずとめやすいところにスッととめていた他の従業員が、とてもスマートでかっこよかったです

いつの間にか「お金で得をすること」が基準になってた

最近は、”お得な節約方法”や”知らないと損する!”みたいな情報があふれています。

わたしも好きでよく調べますし、実践できることはしています。

でもちょっと行き過ぎていたのかも。

今回のこのダサくて恥ずかしい出来事のおかげで、ハッと気が付きました。考え方が変わりました。

いつの間にかわたしは、「金銭的に得をすることだけ」を見ていたような気がします。

”以前より金銭的に得をする”
”周りの人より金銭的に得をする”

それが喜びというか、やりがいみたいになっていました。

でも金銭的な得がないからといって、それがイコール損ではないなと。それよりも得を追い求めすぎて、時間をかけ過ぎたり体を酷使してしまうことのほうが損な気がしました。

”お得”のとらえ方が変わった

それに気が付いてから、お買い物の仕方も変わりました。

以前はとにかく安いもの!質より量!って感じでした。

でも安い牛肉を使ったビーフシチューは美味しくなかったし、70円くらいのレトルトカレーが美味しいのも最初の1口2口だけ。

それって本当にお得なのか?あと数十円多く出して美味しいものを食べるほうが満足感もあるだろうし、よっぽど幸せなのでは?

そう気が付いて、久しぶりに豚バラを買いました(笑)それまではずっと豚小間のみ。

豚小間も美味しいけどね(*’ω’*)

牛乳も100円くらいの低脂肪乳をずっと買っていて、低脂肪乳がないときは買わずに帰っていました。それが今は150円くらいの牛乳も買うようになりました。

あ、しょーもないですか?(笑)

でも1円でも安いものを買うことが「お得だ!」「節約だ!」って思い込んでたんですよね。

それなのに150円くらいのコンビニコーヒーは悩まず買ったり、マックで豪遊したりしてて。普段の満足感が足りてないから、そういうときに欲が爆発しちゃう。

これは節約でもなんでもありませんね(‘ω’)

高いものをバンバン買えるほどの収入はないけど、国産のお肉を買うとか200円のレトルトカレーを買うお金はあります。

自分にとって本当にお得なのはなんなのか。
数十円高いからってそれは損になるのか。

恥ずかしい思いをしたけど、そこらへんの考え方を改めるいい機会になりました。