同棲中、気を付けていること。

同棲しているわたしが普段気を付けていることを、いくつか書こうと思います。

そんな大きなことをやってるわけではないけど、だからこそ、同棲期間が長くなってくるとついつい忘れがちになってしまうことでもあると思うので……。

自分が忘れないためにも、記録しておきます。

スポンサーリンク

同棲で気を付けていること

”同棲で”と付けたけど、きっと”人と人”が接するうえで大事なことだと思います。

誰に対しても、どんなときでも、最低限やるべきことだとは思うけど、そういうことって身内に対しておろそかになってしまいません?

なのでわたしは意識して、おおげさなくらいにやっています。

その1:挨拶

もう早速、人として当たり前のこと!(笑)

わたしがしてる挨拶は、

  • おはよう
  • おやすみ
  • いってらっしゃい
  • 気を付けてね
  • いってきます
  • おかえり
  • お疲れ様
  • ただいま
  • いただきます
  • ごちそうさまでした

ちょっと、挨拶ってどこまで?!
書いてる間に、挨拶が何か分からなくなってきた(笑)

まあこの10個の挨拶は、毎日・毎回言うようにしています。

彼が仕事に行くときに「いってらっしゃい、気を付けてね~」
仕事から帰ってきたら「おかえりーお疲れ様ー」

って感じで言ってます。

同棲を始めたばかりのころは意識して言ってたけど、今はもう癖になってるかも。

毎回、自然に出てきますね。

その2:お礼

これも人として当たり前ですね。
ほんと、当たり前のことしかしてないんだけど……(笑)

彼が何かをしてくれたら、必ずお礼を言うようにしています。

たとえそれがどんな小さなことでも
自分のほうが多く家事をやっていても、です。

2人とも働いているので、家事も2人でやっています。

でもきっちり分担しているわけではないので、気が付いたほうがやる感じ。

「わたしのほうが気が付いてること多いのに」とかは考えず!(笑)

きっと自分も無意識に忘れてることがあって、
それに彼が気付いてやってくれてることもあると思うから。

毎回わたしが食器洗いをしていたとしても、彼がコップ1つでも洗ってくれたら「わ!洗ってくれたん?ありがとう!」って喜びながら言ってます(笑)

大げさに聞こえるかもしれないけど、実際に嬉しいからね~。

撫でまわして言うときもありますよ(笑)

その3:文句はふざけて言う

それでもやっぱり不満はちょいちょい溜まりますよね(笑)

そういうときは、なるべく空気が悪くならないように、ふざけて言ってます。

たとえば、普段呼ばないようなあだ名で呼んでから、頼み事したり。
くすぐりながら、説教したり。

子どもに言う感じに近いのかな?

おじさんとおばさんが何してんねん、って思われるようなことですが(笑)

おじさんとおばさんだからこそ、相手に説教っぽいことを言われると腹が立っちゃうんです。

意地張って、自分が悪いと分かってても素直に謝れなくて、そのまま修復不可能になってしまう。

あとから考えると、しょーもないことなのに。

「あんな小さいことで意地張って、わたしたち終わったの?」

ってならないように、なるべく明るくふざけて頼み事や直してほしいことを伝えてます。

気をつけ始めたきっかけ

付き合いが長くなってくると、挨拶やお礼が言いづらくなることないですか?

わたしはあったんですよね。

照れなのか、なんなのか、今となってはよく分かりません。

そして挨拶やお礼が言いづらくなると、他のことも言いづらくなってきて。

不満を溜め込むようになってしまった。
それで関係が終わってしまった。

そういうことがあったので、「次からは気をつけよう!」と思って、挨拶やお礼をより大事にするように心がけてきました。

あと、のろけになってしまいますが、”彼以上に合う人はいない”ってすっごく思うんですよ。

こんなに毎日が楽しいのは初めてで。

人それぞれ、”きっちりしたいところ”と”ここはテキトーでいいや”ってところがあると思うんですけど、そういう”こだわり”も合ってるのか、一緒にいてすごく楽なんですよね。

「合わないな」ってところも、もちろんありますよ(笑)

でも多少は仕方ないと思うし、合わないところが気にならないくらい他が合ってるから平気みたいです。

そんな相手はめったにいないと思うし、年齢的なことも考えて、彼が最後かなぁって思ったりもするので。

この生活がずっと続くよう、これからも相手を敬う気持ちを忘れずに過ごしていこうと思ってます(*’ω’*)