お金は好きだけど、ストレスは少ないほうがいいな。

この前、とても嬉しいことを彼から聞き、「やっぱりわたしはこの生き方のほうがいい!」と今までやってきたことを誇りに思えました。

悩んだ時期もあったし、わたしが間違ってるのかな?とも思ったけど、自分が納得できるほうを選んできてよかったです。

普通に仕事をしてるだけなのに褒められた

先月、会社の飲み会があったんですが、わたしは用事があったので行けませんでした。

彼も同じ職場なので彼だけ行ったんですが、どうやらその飲み会の席でわたしの話が出たらしく。

「みんな、褒めてたよ」

と嬉しい報告を受けました!

理由は、「どんな仕事でも嫌がらずにやってくれる」ということだったらしいのですが……。わたしにとっては当たり前のことなので驚きました。だって、仕事だもの。

でも実際、できてない人のほうが多いのが、うちの会社の特徴でもあるんですよね。

正確さよりスピード重視の会社

数年前にうちの会社で、給料や働き方についての見直しがありました。その結果、作業量が多い=給料が増えるという形になりました。

「普通じゃん」と思われるかもしれませんが。

作業量が多くても、ミスだらけでは意味がないですよね。というより大問題です。なのに、スピードだけ重視した、いい加減な仕事をする人が増えました。

あと、作業にも何種類かあって、誰がやっても量をこなせないジャンルもあるんですね。逆に、新人さんでもそれなりの量をこなせるジャンルもあります。

つまり、どのジャンルを担当するかによっても、その日の作業量に大きな差が生まれるんです。大幅な見直しがあったおかげで、そのあとからは、よりお得なジャンルの取り合いが始まりました。

「○○さんは、いつもお得なところばっかり!」
「ここはスピード出せないから、やりたくないです」

そんな声が聞こえてくるようになり、従業員同士の中でも関係が悪くなる人たちが出てきてしまいました。(主にお局様たち…)

オフィスのノート パソコン, ワークデスク, 作業駅, 株, 椅子, コンピューター, チーム, 仕事

喧嘩してまでお給料あげたい?

いつもイライラしながら仕事をしてる一部の先輩たちを見ると、「なんで、そこまでこだわるんだろう」と不思議に思います。

仕事って、人生の大部分を占めますよね。それなのに、その間ずっとイライラしてるって辛くないのかな、って。他人を嫉んだり、陥れたりしてまで、お給料をあげて、何になるんだろう。

それよりも、仕事の間も穏やかに、むしろ楽しんでやって、お給料は自分が何不自由なく生きていける額をもらうほうが、ストレスもなくていいと思うんですが。

わたしも見直しがあった直後は、誰かに「ここやりたくないから、代わりにやって」って言われたら、「なんで?!」って少しイラっとしていました。

みんながやりたくない所をやる自分より、自分がやりたい所だけをやる人たちの方が稼げるなんて、「不公平!理不尽!」って思ってた時期もありました。

でもそういう人たちって、自分で自分の評価をどんどん下げてるんですよね。(この場合の評価はお金じゃないよ)

それを見て、「わたしはそんな人にはなりたくないな」と思い、振られた仕事を淡々とこなすようになりました。

ひとつの会社に依存しすぎると辛くなる

もうひとつ、わたしが穏やかに働けるようになったきっかけがあります。

それは、副業です。

うちの会社は副業オッケーなので、去年クラウドソーシングサイトでライターをやっていました。結局、体調を崩して今はやめてしまっていますが、始めたばかりの頃、ものすごく気持ちが変化したのを覚えています。

その頃のわたしは、ライター業で月20万円稼いでいる主婦の方やWワークの方のブログ・本などをよく見ていたので、自分もそうなれる!ってワクワクしていたんですね。

そしたら、本業のほうの会社がどーでもよくなったんです。あ、いい意味でね。

単純ですよね、人って(笑)

「ライター業があるから、本業は頑張らなくていいやー」ってことじゃないんですけど、「自分は、自分が出来る範囲のことを、自分が後悔しないよう精一杯やるだけでいいんだ」って思えたんです。

他人の給料は関係ない。
自分が必要な分だけ稼げればいい。

もし足りないなら、他で稼げばいい。
他人を蹴落としてまでお給料をあげることはない。

会社の環境はなにも変わってないのに、ふっと心が軽くなったんです。

ライター業をやめた今でも、この考え方は変わっていません。「生きる道はひとつじゃない、どうにでもなる。どうにでもできる。」と知れたことで、気持ちに余裕がうまれ、とても楽になりました。

自分が納得できる生き方をしたい

子猫, 猫, 黒猫, 木材, 自然, 屋外で, 動物, 登山の木, パーティー

それからは、「ここやりたくないから代わりにやってー」って言われても何も思わなくなりました。無です。

「都合良い人」になってるかもしれないけど、見てくれてる人はちゃんといる。ってのが、彼に聞いた飲み会の話から確信できたので、わたしは間違ってなかったと思えました。

「自分でやってよ!」って言い返したり、先回りしてお得なジャンルを取ったりもできるけど、それやるほうが、わたしの心には負担です。

正直、一瞬「やってやろうかな」と考えたこともありました。でも想像しただけで、「あとで自己嫌悪に陥って後悔する」未来が見えたので、やめました。

それに、そんな思いをしながら、お給料が増えても、わたしは嬉しくないし幸せでもないです。

有り難いことに、充分生きていけるだけのお給料はいただけています。年々減ってはいるけど(笑)、外食したり旅行へ行ったりもできています。

だから、お給料のことは気にせずに、これからも自分が納得できるような働き方・生き方をしていこうと思っています。

もし、今の生活が維持できないくらい減ってしまったら、引っ越したり副業したりすればいい。今の生活は贅沢してる部分もあるから、その分改善できる部分も多いだろうし、そのときにまた考えればいい。

最低限の貯金はあるし、大丈夫さ。

わたしは、わたしの生きたいように生きていきます。

来てくださって、ありがとうございます。
ランキング参加してます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ

暮らし
(*‘∀‘)30代からの挑戦!
タイトルとURLをコピーしました