高校生のころから、自分で髪を切っています

突然ですが、わたしは天然パーマです。なので出かける前は、ヘアアイロンで頑張ってまっすぐにしてから行くんですけど、暑いと汗や湿気で広がるんです。こないだ仕事で暑い現場に行ったときも、それはもう、ものすごい広がり方&うねり方で。

「あんなに頑張ってまっすぐにしたのに…」と悲しくなり、あと単純にひどい頭になってたので、帰宅してすぐ、思わず自分で髪を切ってしまいました!

そう。実はわたし、高校生のころから自分で髪を切っています。

自分で自分の髪を切る方法

わたしの髪の切り方は、完全オリジナルですが…。そんなに大きな失敗はまだしたことありません。(小さな失敗はあるらしい)

髪を切るために用意するもの

わたしが、自分で自分の髪を切るときに用意するものは、こちら。

  • はさみ
  • スキばさみ
  • くし
  • ヘアゴム
  • 切った髪を受け止めるもの

まあ、普通ですね。最後の「切った髪を受け止めるもの」は、受け止められて簡単に片づけられるものなら、何でもいいです(笑)わたしは、洗面台に新聞紙を敷いて、その上で切りました。そばにコロコロも置いて。(ついでにお風呂前に。裸で。)

髪の切りかた(独学)

自分で自分の髪を切るときは、まず切りたい部分の髪を結びます。わたしは今回、襟足のハネ・広がりが気になったので、まずは右半分の襟足あたりの髪を結びました。

しっかり結んだら、そこを結構思い切り普通のはさみで切り落とします(笑)15年くらい自分で切ってると、だんだん大胆になってくるんですよね…。良くも悪くも…。慣れるまでは、少しずつやってみてくださいね。

そうやって切り落とすと、毛先が一直線になるかと思います。筆のように。

筆, 書道, 書道創作, 書家, 文字, 1つのドア, 食べ, 芸術, アート, 韓国, 筆記具
もっと広がってるかな

そうしましたら、お次はその部分をひたすらスキばさみで良い感じになるまでスキます!「良い感じとは?」と思われるかもしれませんが、わたしも感覚でやってるのでよく分かりません(笑)とりあえず、筆感がなくなるまでやってます。

そうやってスキ続けていると、髪が少なくなってきて、結んでいるゴムがゆるくなってきます。そしたら解いて、周りの髪になじむようにスキばさみで整えていきます。と言っても、勘でスキまくってるだけですけどね。

最初に普通のはさみで切り落とすときは、この「スキばさみで整える」ことも念頭に置いて切り落とすようにしてください。この時点で、だいぶ髪が短く・そして減りますので、最初に切り過ぎると後々大変なことに…。

右半分が納得いく仕上がりになったら、左半分も同じように切って、完成です。

簡単すぎる説明で申し訳ないですが、意外となんとかなるもんです。最初は少しずつやって、繰り返してれば上手になっていきますから。

失敗したとしても、また伸びてくるし(笑)

結んでバッサリ切り落として→すいて→周りの髪となじませる

これだけです!

節約のために、自分で髪を切り始めました

貯金箱

わたしが自分で髪を切るようになったきっかけは、某Jアイドルです。当時、高校生だったわたしは親からお小遣いをもらっていました。月3,000~5,000円ほどだったかな?

そうすると、CDやDVD買うとすぐなくなるんですよね。(バイトは禁止)

初回限定盤、タイプA・Bとかあるじゃないですか。全部買っちゃうじゃないですか。ランダムでメンバーの写真が入っている特典があるときは、推しが出るまで買いますし。「やっとCDデビュー!」ってなったらお祝いで何枚も買うし。

J事務所内で好きなグループが何組もいたので、お小遣いを全部そのアイドルたちに貢ぎたかったんです。

でも、美容室って高いですよね…。料金みるたびに「CD何枚買えるんやろう」「フォト何セット買えるんやろう」とか考えちゃって。そんな日が続いたある日、急に「思い切って自分で切ってみよう!」ってなりました。

で、それが意外とうまくいったんです。
いってしまったんです。

「やった、これで存分に貢げる♪」

そう思ってから、はや15年です。

今回の出来は?!

「こんなに短くなったのは久しぶり」ってくらい髪を切った今回ですが、出来栄えは…ちょっと失敗(笑)前髪を切り過ぎてしまいました!(襟足関係ない)

昨日の仕事中、おでこがめっちゃ暑かったので前髪もついつい。でも、おかげで今日の仕事はいつもより涼しかったので、後悔はしていませんヨ。

それに、今までパッツンというか重めの前髪だったので、眉毛が見えて新鮮だし見た目も涼しげです。夏仕様ということで(*‘∀‘)

今はもうJには貢いでいません。好きですけど。(A-studio見ましたよ♡)でも、節約は続けたいし、これからも自分でできることはなるべく自分でやっていきたいと思っています。


来てくださって、ありがとうございます。
ランキング参加してます。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ

暮らし
N子のまいにち。
タイトルとURLをコピーしました