少ない食材で丼と汁物

ある日のごはん。

がっつり食べたいけど、食材があまりない。

作る気力もあまりない。

こういうときはいつも丼にしています(*’ω’*)

野菜もお肉も摂れるし、簡単で洗い物も少ない。

美味しくて楽ちんで最強だと思います。

この日は、キャベツ・玉ねぎ・もやし・豚肉を炒めて、ごはんにドーン。

刻みのり・ゴマ・卵黄も乗せた。

わたしは丼に乗せる卵は、卵黄しかいらないタイプ。

TKGは平気だけど、丼に乗せるときの白身はなんか苦手なんです。

だからといって白身を捨てるなんてことはできないので…。

スープにしました(*’ω’*)

卵黄しか使わないレシピを見るたびに「白身もったいないなー」と思っていました。

「スープにすればいいんだよ」と教えてもらって、なるほど!と思いました。

わかめもやしも入れて、味付けは鶏がらスープの素を使い、中華スープの完成~。

白身のみでスープを作ったのは初めてです。

食べてみた感想は、「黄身もあるほうがやっぱり美味しいなぁ」でした(笑)

鶏がらスープの素の量も少なかったみたいで、とってもあっさり薄味でした。

めちゃくちゃ簡単な献立だったけど、丼には見た目以上に野菜入ってるし、卵もあるし、海藻も少しあるし、栄養的にはまぁまぁかなと思います。

なにより食材があまりない日だったのに満腹になれたので、それだけでも大変満足。

よかったよかった!

 

でもこうやってブログに書いてみたら、そんなに食材少ないわけでもなかったかな…。

いつもはメインのおかず・副菜・汁物で使う食材が被らないようにしていて、なるべくたくさんの食材を1食で摂れるよう心がけています。

丼にもスープにももやしが入ってるのは、わたしにとってとても珍しいこと。

だから少ない食材で丼も汁物も作った気でいたけど、

  • キャベツ
  • 玉ねぎ
  • 豚肉
  • もやし
  • わかめ

と、それなりに食材を使っていてびっくり。

3つくらいの食材でやったつもりでいたよ。

赤が足りないけど、スープに人参入れたり、トマトサラダ付けたらもう完璧じゃない?

もしかして、いつも食材使い過ぎ?!

ま、腐らせちゃうよりはいいか。

これからも使えるときはどんどん食材使っていこ。

30品目を意識しています(*’ω’*)