10年以上続けた日記を捨てた。

実家のお片付けをしたとき、自分の部屋に置いてあったものを少しだけ持ってきました。

その中に、高校生のころから20代後半まで書いていた日記もありました。

これは要るから持ってきたのではなく、自分で処分したかったから。

業者さんが作業中に勝手に読むことはしないと思うけど、万が一!中身が見えたりしたら恥ずかしいじゃない?(笑)

持って帰ってからは「どう処分しよう」って悩み、しばらく我が家の押し入れに隠していました。

結局、少しずつ燃えるゴミに混ぜて捨てたんだけど、

10年以上続けた日記を捨てたら、すごくスッキリしました!

捨てるまでは、「捨てて後悔せんかな」「もったいなくないかな」と迷いもあった。

でも少し読み返してみたら、あんまりいい思い出はなかったんですよね(笑)

当時のわたしは、いいこととして書いてるんですけど、今のわたしがそれを読んでも、いい気持ちにはならなくて。

そのあとの結果を知ってるからか、「浮かれてるなぁ」とか「それは勘違いよ!」とか。

そんなんしか思わず。

なので捨て始める頃には、迷いはなくなってた!

ずっと、どうしようかな~って困ってたことだったからスッキリできて良かったです!(*‘∀‘)